VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その487

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
2431compile
2432recollect
2433demolish
2434specimen
2435navigate

ショートカット

【スポンサーリンク】



各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

compile [kəmpάɪl]
  (動) を編集する、機械語に翻訳する


コンパ、要る!必勝法を集めて編集する必要あり

コンパの必勝法の研究は必ず要るので、しっかりと情報を集めて編集しておくイメージ。


f:id:linkedsort:20180913011532j:plain


recollect [rèkəlékt]
  (動) 思い出す、回想する


履行例、苦闘しながら思い出す

履行(=りこう、約束を実行すること)した例を苦しみながらも思い出すことで次につなげるイメージ。


f:id:linkedsort:20180913014154j:plain

過去に実施した例がきちんと思い出せれば、次はもっとうまくやれますよね。


demolish [dɪmάlɪʃ]
  (動) 取り壊す、くつがえす、粉砕する


で、もう立秋なので海の家は取り壊す

なんだかんだで夏が終わって、もう立秋(=りっしゅう、秋の始まりの日)なので、ビーチに建てた海の家は取り壊す季節、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180913014320j:plain

立秋は夏至と秋分の中間、立秋から立冬の前の日までが秋です。


specimen [spésəmən]
  (名) 標本、実例、見本、適例


スペースいい面として、空間を広く見せる見本になる

スペースを大きく取ると、いい面として空間を広く見せる見本になる、という住宅展示場の考え方をイメージ。


f:id:linkedsort:20180913014459j:plain


navigate [nˈævəgèɪt]
  (動) 航行する、進路を示す、操縦する


ナビがいいと知らないところを航行するのも快適

ナビがうまく導いてくれると、知らない道でもすいすいと快適に航行可能で楽しいイメージ。


f:id:linkedsort:20180913014525j:plain



【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
recollect
2
compile
3
navigate
4
specimen
5
demolish

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
標本、実例、見本、適例
2
を編集する、機械語に翻訳する
3
思い出す、回想する
4
取り壊す、くつがえす、粉砕する
5
航行する、進路を示す、操縦する

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target190021678
88.3%(1900語中)
Genius41828
83.1%(2200語中)
Database450001385
88.0%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


【スポンサーリンク】



まとめ

最近、カーナビの性能が凄く上がっていてぐっと運転しやすくなってきています。

どのレーンにいるとよいかなどの指示まであったり、ややっこしい交差点も丁寧に説明、かつ絵で示してくれたりと凄い親切っぷりです。

また運転アシストといえば、ミラーなども進化していて車線変更のときにナナメ後ろをセンサーでみて後続車両がないかどうか確認、警告をだしてくれたりします。


f:id:linkedsort:20180914220523j:plain

これら運転アシストが進化すると、ぶつかるような危険がある動作をそもそもできなくしてくるような状態に進化すると思いますが、そこまでアシストされると誰でも快適に運転できていい感じですよね。

細いところを通らないといけない場面、初心者だと痺れるところですが、自動的に車の側方の距離をはかって、どんなに変にハンドルを切っても横の壁をこすらない調整をしてくれるなら運転は楽々ですよね。多くの人の移動が楽になると、経済も活性かしていいことずくめですよね。是非国としても投資すべきだと思います。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY