VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

大学入試必修英単語3000 その63

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
311construct
312crop
313translate
314escape
315evidence

ショートカット

各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

construct [kənstrˈʌkt]
  (動) を建設する、作成する、構成する


このスト楽といわれる、やぐらを建設することで根城を作ったので

スト(=ストライキ)で闘争をするためにやぐらを建設して備えたため、比較的楽な戦いが展開できる見通し、という労働組合幹部をイメージ。


f:id:linkedsort:20170709215326j:plain

実際は「闘争」といってもバチバチ戦うわけではないですが。そもそもストライキそのものが起こる前に交渉で解決するのが普通です。


crop [krάp]
  (名) 作物、収穫高、収穫物


苦労プッと吹き飛ぶ作物の収穫作業

収穫の作業は非常にしんどいものの、とれた作物をみると苦労がプッと音を立てて吹き飛ぶような感覚があるイメージ。


f:id:linkedsort:20170709214528j:plain


translate [ˈtɹæ:nzleɪt]
  (動) を翻訳する


通らんっす! 売れと言われて翻訳する内容を売れる言葉に変えるなんて

売るために翻訳の言葉を変えていくというのはできない、という翻訳家をイメージ。
翻訳を超えた超訳といえばシドニーシェルダン先生のが有名。


f:id:linkedsort:20170709215552j:plain



escape [eskéɪp]
  (動) 逃げる、脱出する、免れる


えー、すげーいい夫婦だったのに奥さん逃げたの?

はた目にはすごくいい夫婦にみえていたのに、奥さんが逃げたと聞いて驚くイメージ。


f:id:linkedsort:20170709220127j:plain


evidence [évədns]
  (名) 証拠、証言、物証、形跡


海老出んっす! エビせんを名乗るには海老を使っている証拠が必要

エビせんを名乗っている以上、海老がちゃんと入っている証拠として検出されるべき、という食品調査官をイメージ。


f:id:linkedsort:20170709220530j:plain


【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
escape
2
translate
3
evidence
4
construct
5
crop

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
逃げる、脱出する、免れる
2
作物、収穫高、収穫物
3
を建設する、作成する、構成する
4
を翻訳する
5
証拠、証言、物証、形跡

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target19004288
15.2%(1900語中)
Genius5313
14.2%(2200語中)
Database45005304
19.3%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


まとめ

英語の勉強が少し軌道に乗ってきたとき、はじめて英語で書かれた小説の原著を読んだのが、シドニーシェルダン先生のシリーズでありました。日本でも『超訳』シリーズとしてベストセラーになっていましたので、有名ですね。


www.youtube.com

特徴として、前半戦は前ふりで複数のストーリーが、どういう関係になるのかわからないまま並行で走るため、ちょっと意味がつかみづらく読みにくいのですが、後半の収束は見事で、半分より後ろまでいくと非常に読みやすく面白いと感じます。ちょっと怖かったり、色っぽかったりとエンターテイメント要素満載のミステリーで、飽きが来ないよう工夫されている構成がまた素晴らしい。

語彙はかなり難しいですが、小説の原著を読むときは、わからない単語は何度も繰り返し出てくるもの以外は無視して進むのがコツです。このあたり、日本語の小説を読むときも同様だと思います。わからない単語は出てきてもあらかた無視してそれほど支障はないはずです。

読んでいるときはそのテンポを重視して読み進め、繰り返しでてきた単語や気になったシーンのことばをピンポイントで辞書でひくくらいでよいです。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY