VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その443

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
2211exotic
2212eruption
2213undermine
2214abide
2215aesthetic

ショートカット

【スポンサーリンク】



各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

exotic [ɪgzάṭɪk]
  (形) 外来の、外国産の、異国風の、異国情緒の


駅増築して異国風の建物にする東京駅

駅を増築して異国風の建物にするのは東京駅をはじめ日本各地で行われているイメージ。


f:id:linkedsort:20180730033710j:plain


eruption [ɪrˈʌpʃən]
  (名) 火山の爆発、噴火、発疹


いいラップしようと思ったら感情の爆発が大事

いいラップをしようと思ったら、歌が上手いことが重要ではなく、感情の爆発をどう表現するかがポイント、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180730034005j:plain


undermine [ʌ́ndɚmàɪn]
  (動) を徐々にむしばむ、ひそかに傷つける、いつのまにか害する


安打、まーいいんだって姿勢が成績を徐々にむしばむ

ただの安打はどうでもよく、ホームランしか狙わないと言っていると、徐々に成績がむしばまれていくイメージ。


f:id:linkedsort:20180730034143j:plain


abide [əbάɪd]
  (動) を我慢する


あー倍ドカンと狙うか、ダブルアップを我慢するか決断のしどころ

倍ドカンと狙ってダブルアップするか、我慢するかが思案のしどころ、というギャンブラーをイメージ。


f:id:linkedsort:20180730034302j:plain


aesthetic [esθéṭɪk]
  (形) 美的な、美学の、審美的な


焦って苦しいなかでも美的なものを感じさせる

真のイケメンは焦りまくって苦しいなかでも美的なクールさを保っているイメージ。


f:id:linkedsort:20180730035627j:plain



【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
undermine
2
abide
3
aesthetic
4
exotic
5
eruption

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
を徐々にむしばむ、ひそかに傷つける、いつのまにか害する
2
美的な、美学の、審美的な
3
外来の、外国産の、異国風の、異国情緒の
4
を我慢する
5
火山の爆発、噴火、発疹

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target190041544
81.3%(1900語中)
Genius31694
77.0%(2200語中)
Database450001356
86.1%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


【スポンサーリンク】



まとめ

東京駅にはかなり頻繁に出張ついでにいく機会があるのですが、八重洲口の地下街などの発展がすごいですね。

駅の外の街は完全にビジネス街という感じで落ち着いているんですが、東京駅の地下は毎日がお祭り騒ぎの賑わいで、人が大勢あつまっています。

東京駅ならではの商品をうるお土産屋さんや各地の名物料理を振る舞う料理店など盛りだくさん。全国の有名なラーメン屋さんが集う一角もあります。


f:id:linkedsort:20180811223146j:plain

駅ナカにも駅チカにもこれだけの店をそろえた中央駅というのも世界でなかなか匹敵するものが思いつかないレベルですね。

人が集まり、かつ少し時間に余裕をもって到着されたり、乗り継ぎであったりで時間をつぶす必要がある人が多いというところから、必然的に買い物需要が旺盛で、しかも旅行客や出張者などお金を使いやすい状態の人が多いという状況からすると当然のなりゆきともいえますが、その需要を的確にとらえている街づくり、受け皿づくりはさすがです。

その上、駅のホームを見渡すと全国各地の新幹線が数多くみられるのも東京駅ならでは。特に東北新幹線のホームは色々な種類の新幹線が集まっていて、みていて楽しいです。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY