VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その467

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
2331gigantic
2332breakthrough
2333greedy
2334indebted
2335stingy

ショートカット

【スポンサーリンク】



各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

gigantic [dʒɑɪgˈænṭɪk]
  (形) 巨大な、ぼう大な


ジャイ(アン)がうんと巨大な状態になって助けてドラえもん!

ジャイがうんと巨大化してる!これはドラえもんにどうにかしてもらわないとマズい!という状況をイメージ。


f:id:linkedsort:20180822004128j:plain


breakthrough [ˈbreɪkθruː]
  (名) 大発見、飛躍的進歩、打開策、(難問の)解明


ブレイクするには飛躍的進歩が必要

局面をブレイクしていくには飛躍的な進歩を実現する打開策が必要だというイメージ。


f:id:linkedsort:20180822004301j:plain


greedy [gríːdi]
  (形) 食いしんぼうの、貪欲(どんよく)な、欲ばりの


グー(good)リード守りつつ貪欲な攻めを継続

良いリードの状態を保ちつつも貪欲にどんどん攻めを継続していくぞ!という有利な局面の戦略をイメージ。


f:id:linkedsort:20180822004628j:plain


indebted [ɪndéṭɪd]
  (形) 恩を受けて、恩義があって、負債があって


委員で手取り高い人は恩を受けている意識が強く、その分よく働く

委員のなかでも手取りが高い(=給与のうち税金などを除いた受け取り額)が高い人は恩を受けているという意識が強く、恩返しをしようと頑張るイメージ。


f:id:linkedsort:20180822005138p:plain


stingy [stíndʒi]
  (形) けちくさい、しみったれた、みみっちい


数値ギリギリのけちくさい商売をする肉屋はイラつく

計(はか)り売りで決まった重さの数値に合わせるのをギリギリを狙って時間をかけるけちくさい肉屋にはいらつかされるイメージ。


f:id:linkedsort:20180822005449j:plain



【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
greedy
2
indebted
3
stingy
4
breakthrough
5
gigantic

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
大発見、飛躍的進歩、打開策、(難問の)解明
2
けちくさい、しみったれた、みみっちい
3
巨大な、ぼう大な
4
恩を受けて、恩義があって、負債があって
5
食いしんぼうの、貪欲(どんよく)な、欲ばりの

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target190011621
85.3%(1900語中)
Genius51767
80.3%(2200語中)
Database450001378
87.5%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


【スポンサーリンク】



まとめ

給与や報酬というのは、ケチればいいというものではなく、多く出せばその分プライドを持ってしっかり働いてくれるという側面もあります。

給与だけでなく、他社や個人に対する報酬の支払いもそうですね。自分だけ得をしようとしてもダメで、商売の仲間も含めて、みんなでいい関係を築いていく意識が必要です。

最近流行のeスポーツを先導するプロゲーマ―の方々の生活が紹介されているのをテレビで見たり、動画配信サイトで見たりもしますが、皆さんお互いに情報を提供し合って、切磋琢磨されています。

これはちょっとした情報を隠蔽してコソッと勝とうとしても世界にはそうそうながく通用せず、それよりもお互いに成長する流れを作る方が長期的に有利だということを知っているからだと思います。


f:id:linkedsort:20180904083232j:plain

そういう観点で最近気になるのが、小説家や漫画家の世界です。もはや小説や漫画、音楽もそうですが、それだけでは食べていけない世の中になってきたとよく言われます。

もちろん例外的な大ヒットを生み出す人は別です。ただしそういうトップ中のトップが恵まれているからと言って、それでは業界として長続きしません。底辺を支えるマスが、その分野の強さを作り出しています。

もちろん出版業界のみなさんもアホではないので、そのあたりは十分承知の上だとは思いますが、若手や売れない層をいかにうまく売り出すか、サポートしていくかは業界の未来に直結する話です。

ネットの記事で小説や漫画では食えないという記事がどんどん出てきている状況を変えていかないと、こうしたコンテンツ業界に未来がないのではと危惧します。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY