VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その473

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
2361glitter
2362accent
2363tongue
2364slavery
2365stain

ショートカット

【スポンサーリンク】



各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

glitter [glíṭɚ]
  (動) ぴかぴか光る、きらきら輝く、きらめく


グリッ!たっぷり蛍光塗料ぬってぴかぴか光るアクセサリ作る

グリグリとたっぷり蛍光塗料をぬるとピカピカ光るアクセサリの出来上がり、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180901160212j:plain


accent [ˈæksent]
  (名) 強調、なまり、言葉づかい、口調


あー!癖うんと頑張っても抜けないのが言葉のなまり

癖の中でも言葉のなまりはなかなか抜けない、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180901160408j:plain


tongue [tˈʌŋ]
  (名) 舌、舌肉、言語能力、言葉、発言


痰(たん)がからんでもをうまく使ってなんとかする牛

痰がからんでもべろべろ舌を回しているうちにスッキリさせる牛をイメージ。


f:id:linkedsort:20180901160622j:plain


slavery [sléɪv(ə)ri]
  (名) 奴隷制度、苦役、骨の折れる仕事


スレ威張りちらす発言者をなだめるのは苦役としか言えない

掲示板のスレ(=スレッド、thread、一連の流れ)のなかで威張り散らしている人をなだめるのは骨が折れる、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180901161054j:plain

匿名掲示板で威張り散らしている人の相手は大変です。あまり相手にしない方がよいことが多いですね。


stain [stéɪn]
  (動) を汚す、に着色する


数点白いシャツを汚してしまうスパゲッティ

スパゲッティを白いシャツで食べていると、いつも数点ポツポツシミを作ってしまうイメージ。


f:id:linkedsort:20180901161156j:plain



【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
glitter
2
accent
3
tongue
4
slavery
5
stain

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
奴隷制度、苦役、骨の折れる仕事
2
を汚す、に着色する
3
ぴかぴか光る、きらきら輝く、きらめく
4
強調、なまり、言葉づかい、口調
5
舌、舌肉、言語能力、言葉、発言

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target190021639
86.3%(1900語中)
Genius21784
81.1%(2200語中)
Database450021381
87.7%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


【スポンサーリンク】



まとめ

普段、インド人・アメリカ人・韓国人・ベトナム人・日本人・その他諸々の人々に囲まれてワイワイ仕事をしていますので、言葉のなまりは人それぞれ色々あります。基本英語でしゃべっていますが、お国訛りはそれぞれにありますよね。

それもきれいになおして話している方と、ほとんど訛りを気にかけないでしゃべっている人が半々というところでしょうか。日本人は結構訛りを気にして修正しようとする人が多いですが、ベトナムの方とかは、割と気にしてなさそう。インド人系の人は割とキレイという感じです(アメリカにいるインド人は)。

もちろん人によって違いますよ。


f:id:linkedsort:20180904095431j:plain

そもそも話している言葉の意味が分からなければ周囲も困りますし、「え?何て言った?」と聞き返すやり取りを繰り返す中で互いに慣れて修正していくものですが、ある程度いくと相当いろんな訛りの人が混合していても、互いに十分分かりあえて来ます。

そうなると特に修正したいという圧はかからず、そのまんま日常の業務に専念することになります。

この時点でまだ相当標準的な発話からするとなまっていたりするんですが、内部的に分かり合える程度の修正が進むと、不思議と外部との接触があったときでもなんとかなるところまで来ているんですよね。

つまりは標準発話をベースにして、結構な幅で崩していっても言葉として成り立つってことですよね。そういうことを実感する環境です。英語など外国語を勉強するとき、標準的発音がどうしても苦手であれば、その面はもう日本人的発音で割り切ってしまうのも手だと思います。そんなに困るほど通じないということはないはずです。通じにくい単語っていうのはあるんですけど、それはまれであんまり困りません。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY