VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その87

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
431positive
432challenge
433generation
434upset
435frighten

ショートカット

各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

positive [pάzəṭɪv]
  (形) 肯定的な、積極的な


ポーズいい!って部分は積極的な感じで凄くいいツンデレアイドル

いいポーズってやっぱり積極的でやる気に満ちたものであるべき、と語る写真家をイメージ。


f:id:linkedsort:20170723010735j:plain


challenge [tʃˈælɪndʒ]
  (動) に挑む、異議を唱える


チャレンジ精神に異議を唱える傾向ある日本の文化

チャレンジする人にすぐ異議を唱えるのが日本の悪い癖。もちろん悪気がないのは分かってはいるものの、もっとのびのびチャレンジさせた方がいいですよね。


f:id:linkedsort:20170723142925j:plain


generation [dʒènəréɪʃən]
  (名) 一世代、同時代の人々


地エネ0(れい)っしょとか言っているのは旧世代の人々

新しい世代の人はエコなエネルギーになれているので地熱などの自然エネルギーは当然使うものと考えている。


f:id:linkedsort:20170723143027j:plain


upset [`ʌpsét]
  (動) を動揺させる、駄目にする、ひっくり返す


アップせい! と急に言われて動揺させられるようでは控え投手失格

控え投手は、先発投手がピンチになると急にアップしろ!と命令されるものなので、これで動揺させられているようでは控え失格。


f:id:linkedsort:20170723143421j:plain


frighten [frάɪtn]
  (動) を怖がらせる、ぎょっとさせる


フライト、うんと揺れて乗客を怖がらせる新米パイロット

どんなに揺れても基本的に問題ない構造とはいえ、うんと揺れるとめちゃくちゃ観客を怖がらせる結果にはなりますよね。


f:id:linkedsort:20170723143954j:plain


【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
upset
2
challenge
3
generation
4
positive
5
frighten

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
を怖がらせる、ぎょっとさせる
2
を動揺させる、駄目にする、ひっくり返す
3
肯定的な、積極的な
4
に挑む、異議を唱える
5
一世代、同時代の人々

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target19004379
19.9%(1900語中)
Genius4425
19.3%(2200語中)
Database45005420
26.7%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


まとめ

飛行機にはたびたび乗ります。ごくたまに、強風にあおられたり気圧の関係で揺れることもありますが、基本的に安定して飛びますよね。あのビルのような巨体を空に飛ばして、あそこまで安定するというのは、凄まじい技術力と言っていいと思います。


f:id:linkedsort:20170723144055j:plain

日本は技術強国ということになっていますが、はたして巨大な旅客機をどこまで安定して飛ばせる能力があるのでしょうか。軽自動車を安定的に走らせるのも非常に重要で高度な技術ですし単純に比較するのは難しいものの、ボーイング社やエアバス社のような技術力に対抗するのは極めて困難なのが現実です。純国産旅客機を製造しようとしていますが、なかなかうまくいきませんよね。

技術開発だけでなく、製造工程、品質管理工程から機体をうるビジネス、メンテナンスをする体制づくりまであらゆる部分が最高品質なうえにスケールの大きさが求められ、かつコスト競争力も厳しく追及されるところです。


f:id:linkedsort:20170723145636j:plain

そこまでになってくると、国の後押しなしには成立しないほどお金のかかる事業といえるでしょうね。純粋に民間だけでやりきるのなら、ほかにいくらでも効率よく儲けられそうな話があります。国の施策として、どういう風に考えるか。技術大国としてどう判断するかの問題も大きいところです。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY