VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

大学入試必修英単語3000 その42

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
206remain
207strategy
208settle
209sound
210plain

ショートカット

各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

remain [ɹɪˈmeɪn]
  (動) 残る、残存する、生き残る


理、いい面として思考の過程が残るというのがある

理屈ばかり言って、と批判されがちだが、理屈を考えていると、思考の過程が残り、のちにその良し悪しを振り返ることができる、と納得するイメージ。


f:id:linkedsort:20170702195519j:plain


strategy [strˈæṭədʒi]
  (名) 戦略、策略、方策


スト等定時あがりとは交渉の戦略ともとれる

ストライキをしている人たちは、17時の定時退社の要求を交渉の戦略として使う、というイメージ。


f:id:linkedsort:20170702200123p:plain

長時間労働は流行らなくなってきました。将来の日本を考えるとそれでよいのかどうか、考えさせられるところではありますが、様々な価値の創出の仕方はあるので、良い方向に進むといいと思います。


settle [séṭl]
  (動) を解決する、に移り住む、定住する


セット売ることで売り上げ不足を解決するファストフード業界

セットで売ると、在庫の処分だとかいろいろと売り上げ不足を解決する手段になりうると説明するコンサルのイメージ。


f:id:linkedsort:20170702200321j:plain


sound [sάʊnd]
  (名) 音、音響


賛同得られる作りは難しい、というイヤホン職人

誰にでも認められるイヤホンの音を作るのは難しいと語る職人をイメージ。


f:id:linkedsort:20170702200452j:plain


plain [pl̩eɪn]
  (形) 明らかな、平易な、装飾のない


プレーいい、うん平易な飾りのないプレーが一番重要

プロスポーツ選手のプレーは派手なように見えて実は無駄がなく簡素にできている、ということを知り驚くイメージ。


f:id:linkedsort:20170702200943j:plain

【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
strategy
2
settle
3
sound
4
plain
5
remain

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
明らかな、平易な、装飾のない
2
音、音響
3
を解決する、に移り住む、定住する
4
戦略、策略、方策
5
残る、残存する、生き残る

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target19004203
10.7%(1900語中)
Genius4209
9.5%(2200語中)
Database45005209
13.3%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。

まとめ

最近は働き方改革が流行っていて、労働時間はどんどん短縮傾向にあります。狙い通り生産性が向上すればよいのですが、こういう話は大抵形だけが先行し、生産性はなかなか向上せずという落ちになりがちです。

一方で日本を取り巻く環境は厳しさを増しています。高齢化はある意味別のチャンスを生む状況ではありますが、労働人口の減少、科学技術の衰退、相変わらず資源はなく、原子力発電は頓挫。そんななかゆとりある労働環境を作るところは欧米に倣おうとしているわけです。


f:id:linkedsort:20170702202802j:plain

国としてみたとき、かなりの逆境にあることは否定しにくくはあります。しかしながら個人でみると、まだまだ世界中の環境と比べてアドバンテージは大きいと思っています。個人で頑張れば、いくらでも幸せになれる可能性と環境があります。

特に英語を身に着けて海外に打って出ると、そこはチャンスにあふれていますし、日本で教育を受けたことというのは、まだまだ世界で競争力を持っています。これは英語に限らずどんな外国語でもよいのですが、汎用性が一番高いという意味では、英語が広くチャンスをつかみやすいということはありますね。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY