VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その553

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
2761segregation
2762radius
2763evident
2764cavity
2765fury

ショートカット

【スポンサーリンク】



各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

segregation [sègrɪgéɪʃən]
  (名) 分離、隔離


せがれ芸しようとしたら分離するのがお笑いの世界

せがれ(息子)が同じ世界に入ってきたら分離して共演しないのがお笑いの世界の掟、だというイメージ。


f:id:linkedsort:20181202212153j:plain


radius [réɪdiəs]
  (名) 半径、範囲、区域


例ではすごく単純な円の半径の算出の仕方

例題ではすごく単純に円の半径を出しているのに、演習問題ではとたんに難しくなるイメージ。


f:id:linkedsort:20181202210352j:plain


evident [évədnt]
  (形) 明白な、はっきり表われて


エビ出んといい漁場かどうかの明白な証拠とはいえない

エビが良くとれるといい漁場だといえるが、とれないと明白な証拠がないイメージ。


f:id:linkedsort:20181202210438j:plain


cavity [kˈævəṭi]
  (名) 虫歯、虫歯の穴、空洞


カビっていうのは空洞とか虫歯みたいな湿った穴に生える

カビはじめじめして光が届かない穴に生えてくるイメージ。


f:id:linkedsort:20181202211054j:plain


fury [fjˈʊ(ə)ri]
  (名) 憤激、激怒、激しさ、猛威、狂暴


不利になると激怒する大将は困りもの

不利になってくると機嫌が悪くなる、感情的になる大将は困った存在、というイメージ。


f:id:linkedsort:20181202211652j:plain



【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
fury
2
evident
3
radius
4
cavity
5
segregation

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
半径、範囲、区域
2
憤激、激怒、激しさ、猛威、狂暴
3
分離、隔離
4
明白な、はっきり表われて
5
虫歯、虫歯の穴、空洞

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target190011820
95.8%(1900語中)
Genius32027
92.1%(2200語中)
Database450011434
91.1%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


【スポンサーリンク】



まとめ

リーダーとなる人は、あまりおとなしくてもうまく組織は機能せず、情熱をもって発言すべきだと思います。しかしながらあまりに感情的になる人は困りますよね。

とくに怒りん坊タイプって多いんですが、困ります。でも多いんですよね。

なんで多いかというと、やっぱり情熱的で優秀なので、リーダーになりやすいということだと思います。能力は高いんですよね、怒りん坊の方は。人に怒るということは、それだけ自分にもプレッシャーがかかりますしね。


f:id:linkedsort:20181202223131j:plain

しかも既にかなり前の時代になりますが、軍隊式というか猪突猛進型の組織が当たり前だった時代では、多少無理強いする形でのリーディングも成立していたかと思います。

しかし今は時代が違いますよね。個々の多様性が有効であるということが定説になりつつあります。あまり一直線の方向を向いて組織を運営するべきではない、単一の考え方の人が集まればいいというものではない、ということが言われています。実際そうだと自分は思います。

今の時代、求められるリーダー像は、個々の個性を活かし、それぞれの長所を伸ばすタイプです。いまだに軍隊型を重用している会社・組織は本当に考え直してほしいところです。時代に合っていませんよ!

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY