VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その495

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
2471undergraduate
2472renounce
2473denote
2474warrior
2475warfare

ショートカット

【スポンサーリンク】



各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

undergraduate [`ʌndɚgrˈædʒuət]
  (名) 学部学生、大学生


アンダー蔵っちゅうええところに秘密基地つくる大学生の遊び

子供のころから秘密基地遊びをやっていたが、大学生になって高度化、家にある蔵(くら)の下というすごいところに基地を作るイメージ。


f:id:linkedsort:20180915174636j:plain


renounce [rɪnάʊns]
  (動) を放棄する、棄権する、断つ、断念する


利なんす放棄するのが難しいのは

利益を生み出す権利を放棄するのはなかなかできないイメージ。


f:id:linkedsort:20180915174744j:plain

確実にとれる小さい権利・利益をすててチャレンジし、大きな利益を目指すのはなかなか難しいものですよね。


denote [dɪnˈəʊt]
  (動) を表示する、示す、意味する


「出(で)」のところをキチンと表示することが求められる企業

素材などをどこから調達してきているかなどは逐一きちんと表示することが求められるイメージ。


f:id:linkedsort:20180915175004j:plain


warrior [wˈɔːriɚ]
  (名) 戦士、武士


うぉー! リアルに危険すぎる戦士の仕事

戦士はとにかく命がけで負けたら終わりのとんでもなく危険な仕事、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180915175115j:plain


warfare [wˈɔɚfèɚ]
  (名) 戦争、戦争行為、交戦状態


うぉ、フェアにやるってルールはどこへ…戦争怖い

戦争にもルールがあり、最低限の人道的なふるまいは基本的に求められるのですが、ときにそれが破られてしまうこともあるイメージ。


f:id:linkedsort:20180915175228j:plain



【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
renounce
2
denote
3
undergraduate
4
warrior
5
warfare

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
を表示する、示す、意味する
2
戦争、戦争行為、交戦状態
3
戦士、武士
4
を放棄する、棄権する、断つ、断念する
5
学部学生、大学生

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target190031698
89.4%(1900語中)
Genius21853
84.2%(2200語中)
Database450001389
88.2%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


【スポンサーリンク】



まとめ

秘密基地って子供っぽい響きですが、実際ワクワクするし、大人になっても作りたい感覚ありますよね。城を構えたい本能という感じですね。

何か基礎を作って、世に実力を問いたい、そんな心意気の現れかもしれません。起業をしている人の感覚、起業家精神ということでしょうか。


f:id:linkedsort:20180917205121j:plain

自分は大手企業勤めのなかで日本や北米のベンチャー企業に出資して、経営に深く入るところまでの付き合いがいくつかあるのですが、ベンチャー企業は楽しそうでいいですよ。

ベンチャーキャピタルに事業計画を説明して出資を受け、あとはそのお金を好きに使ったらいいという感じです。自由奔放。事業計画も勢いが肝心という感じですね、技術のプロがみたら相当イマイチな内容でも、はやりにのっかってさえすればOKという感じ。

そしてそれっぽい結果を出したら大手企業が買収、という流れになっていくのですが、企業の買収担当者も相当怪しい人が多いので、正直変な買収案件が多く、そのあと企業で担当する技術者などは尻ぬぐいで大変です。一方会社の売却に成功した起業家たちはもう勝ち組ですんで、文句を言っても後の祭り。いやならやめて次の起業へ。

もちろん起業から会社の売却まで行くのは相当数が少ないのですが、それは無駄に野心的な人達が無謀なことをすることが多いだけで、普通に優秀な人がやればそれほど低くない確率で起業は成功するのではと思えてしまいます。

と、なんだか愚痴っぽくなりましたが言いたかったことは、結構まじめに筋のいいネタで起業すれば、わりと高確率でうまくいくのでは、という感覚があります。ただ起業する際、学生さんだけの発想でやってはまずうまくいかないので、プロ感覚を十分備えた30台後半から40台くらいのビジネスマンは仲間に入れておきましょう。

あとは秘密基地を作るがごとく、自由な発想で自分たちの城を作っていきます。楽しく勢いがあった方が事業はうまくいきますよね!

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY