VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

イメージ記憶 大学入試必修英単語3000 振り返り問題集 その119

今回の振り返り語彙

意味を思い返しながらタップしていきましょう!

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
808
fun
324
role
645
acid
1600
feather
2138
depth
2358
discharge
378
necessary
2388
communication
277
identify
320
interest
2180
justly
2337
degrade
2952
ominous
991
confront
2317
dose

【スポンサーリンク】



まとめ

ロールプレイングゲームが大好きで、ウルティマやウィザードリの時代からドラクエ、ファイナルファンタジーと最初から一通りやってきました。最近は時間がなくてやれていないんですけれども。

ただビデオゲーム系のロールプレイングゲームって、経験値ためて、レベル上げて、能力値上げて、強敵を倒すというフォーマットがほとんどで、本来のロールプレイ(=役を演じる)感覚ではなかったりしますよね。

たまに没頭してくると、頭がその世界に入り込んで、ロールプレイの感覚がでてきたりもしますが。

一方で、テーブルトーク・ロールプレイングゲームはゲームマスターを囲んで人同士が会話で展開していくロールプレイングゲームで、ここではまさにロールプレイを楽しむことが主眼であることが多いです。


f:id:linkedsort:20190514225958j:plain

これがとっても楽しいんですよね。演劇ともまた違う、アドリブオンリーで役を演じきります

全員がその世界観を大事にしてひたすら演じ切ると、みんなどんどん乗ってきて世界観に入り込んでいきます。ゲームマスターもうまいこと難易度を調整して世界に没頭できる加減でゲームを進行してくれるとありがたいですね。

ただこれ、一定のスキルの人が複数集まらないとできないというハードルの高さが課題。となるとやぱりスマホゲーム・テレビゲームでロールプレイを本格的にできるものがやりたくなりますね。

今のゲーム機・スマホの表現力は非常に優れていますし、一旦昔ながらのロールプレイングゲームのフォーマットから考え直して、本当にロールプレイできるものが出てくるといいですよね!

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY