VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その418

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
2086useless
2087dialogue
2088elaborate
2089anniversary
2090acquaintance

ショートカット

【スポンサーリンク】



各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

useless [júːsləs]
  (形) 役に立たない、無用な、無益な、むだな


Youスレスレのところ!これ以上失敗続くと役に立たない烙印(らくいん)押すぞ!

お前もう無用の烙印押されるスレスレのところだぞと強く警告されるイメージ。


f:id:linkedsort:20180711165412j:plain

日本ではこういうことはあまりないですが、アメリカなどでは上司に強い人事権が与えられていてすぐにクビにされる可能性あります。


dialogue [ˈdaɪəlɒɡ]
  (名) 対話、話し合い


ダイアルをぐッと回して対話のための電話をかける

言いにくいこともちゃんというため、一大決心のもと、ぐっと力を込めてダイヤルを回し電話をかけるイメージ。


f:id:linkedsort:20180711165529j:plain

といって電話かけるときにダイヤル回すっていつの時代、っていう感じかもですが。30年前にさかのぼりますね。


elaborate [ɪlˈæb(ə)rət]
  (形) 入念な、凝った、苦心して作り上げた、精巧な


選ばれた作品は入念な工夫が凝らされていた

選ばれた入賞作はどれも精巧で入念に作り上げられた作品、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180711165855j:plain


anniversary [`ænəvˈɚːs(ə)ri]
  (名) 記念日、記念祭、…周年祭、年忌


兄バッサリ記念日忘れるサッパリした人

兄はバッサリとあらゆる記念日を覚えていない淡白な人、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180711173946j:plain

家族の誕生日くらい覚えておいてほしいですけどもね。


acquaintance [əˈkweɪntəns]
  (名) 知人、知り合い、面識、知識


空くわ、インターンする枠、となったら社内に面識ある人作るチャンス!

インターン(体験入社)の枠が空いているとの知らせがあれば是非応募して、希望する就職先で面識のある人を作るとよい、というイメージ。


f:id:linkedsort:20180711174057j:plain



【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
acquaintance
2
dialogue
3
anniversary
4
elaborate
5
useless

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
役に立たない、無用な、無益な、むだな
2
入念な、凝った、苦心して作り上げた、精巧な
3
記念日、記念祭、…周年祭、年忌
4
知人、知り合い、面識、知識
5
対話、話し合い

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target190031460
76.8%(1900語中)
Genius21625
73.9%(2200語中)
Database450021337
84.9%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


【スポンサーリンク】



まとめ

最近はリクルート活動(就職活動の逆で、企業から新人をとるための活動)が随分と変わってきました。

自分はテクノロジー系の大手に勤務しているのですが、インターンプログラムをかなり重要視しています。インターンでよい印象であれば、希望さえすれば就職できます。

それはともかくインターンプログラムで一番重要なのは、来てくれた学生さんが会社のことをよく理解できるというところです。大手企業というのは、ある一定のイメージで見られていたりするのですが、実は一般の方の理解と中の実情は大きくことなっていたりします。特に最近は時代が大きく変わってきていまして、ビジネススタイルは様変わりしています。


f:id:linkedsort:20180715214129p:plain

またインターンプログラムのいいところは、インターンを受け入れている会社はもちろん、同じ業界の他社が、ビジネスシーンで実際はどうみられているかをいろいろと聞けるところだと思います。

自社が一般の人から実情と違うイメージで見られているのと同様、ほかの会社もビジネスシーンでの印象は一般の方との乖離が大きい場合が多いです。

そもそも多くの商品で協業しているのに一般の方からはライバルだと思われていたりしますし、外資系の世界的に有名なブランドの会社も、日本法人の実際のところは必ずしも大きい仕事ができる環境でなかったりします。これもイメージと実情が違う場合が多いケースです。

要するに、書籍などの外部的情報では実態にせまるのが非常に難しいので、ぜひともインターンプログラムへの参加をおすすめします。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY