VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その506

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
2526disadvantage
2527flap
2528pledge
2529unify
2530staple

ショートカット

【スポンサーリンク】



各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

disadvantage [dìsədvˈænṭɪdʒ]
  (名) 不利益、損失、不利な立場


JIS(規格)アドバンテージになることもあるが逆に不利益になることも

JIS規格は日本の工業品の標準を定めたもので、これに準拠していると互いに繋がったりする点でよいのですが、逆にガラパゴス化など海外製品とつながらないなど不利益も考えられるイメージ。


f:id:linkedsort:20181013011742j:plain


flap [flˈæp]
  (動) ぱたぱたと動く、羽ばたく、はためく


フラッ、プルプルして頼りなくぱたぱた動くパーツが飛行機の要(かなめ)

飛行機の翼をみていると、特に離着陸のときにパタパタ動くパーツがあるんですが、あれがフラップ。


f:id:linkedsort:20181013012544j:plain


pledge [plédʒ]
  (動) を誓う、担保にする


プレーじっくり慎重に進めることを誓う王者

強いからといて荒くプレーせず、じっくり進めることを心に誓う王者をイメージ。


f:id:linkedsort:20181013012846j:plain


unify [júːnəfὰɪ]
  (動) を統合する、一つにする、単一化する


湯に入るところだけ男女湯を統合する新世代温泉

洗い場は別々でも湯に入るところだけ男女統合という新世代温泉をイメージ。


f:id:linkedsort:20181013014029j:plain

案外いいかも?湯に入っている時点では結構問題なくて楽しいような?


staple [stéɪpl]
  (名) 必需食品、主要産物、主成分、(ホッチキスの)針


吸って! いいプルーン! これは必需食品と言っていい栄養価

プルーンは栄養価満点で必需食品といっていいほど健康にいい成分入ってるイメージ。


f:id:linkedsort:20181013014213j:plain



【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
pledge
2
staple
3
disadvantage
4
flap
5
unify

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
必需食品、主要産物、主成分、(ホッチキスの)針
2
を誓う、担保にする
3
ぱたぱたと動く、羽ばたく、はためく
4
不利益、損失、不利な立場
5
を統合する、一つにする、単一化する

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target190041730
91.1%(1900語中)
Genius11883
85.6%(2200語中)
Database450011395
88.6%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


【スポンサーリンク】



まとめ

飛行機によく乗るんですが、窓側のときは羽根の動きを感心しながら見てしまします

まるで生き物のように、状況に応じてスムーズに変形していくんですよね。これがすごい。


www.youtube.com

こんなに稼働するのに、もちろんパーツが飛んで行ってはいけませんので極めて丈夫にできています。それだけでもすごいんですが、姿勢を制御する細かい動きがまたすごい。

最近、機械学習が進んでいて、こうした複雑な動きを適応的に動かしていくという考え方が進んでいますが、機械学習技術が現代のようになるずっと前から飛行機はこの形で毎日のように安定したフライトを実現しているというのが工学的にみて、とんでもないことです。

まさに人類の知恵が詰まった奇跡のようなものですね。この高度な技術を思えば自動運転などは投資が集まればすぐにでも実現できるレベルですし、すでにそうなっています。

何百回のっているか、数えていませんが毎度飛行機に乗ると、この制御技術のすごさ、モノづくりの凄さに感嘆してしまいます。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY