VR英単語

めくれる単語帳 & イメージ記憶術

語呂合わせとイメージで覚える大学入試必修英単語3000 その159

今回のターゲット語彙

今回ターゲットにする単語は以下です。

英和形式チェックリスト
各行、クリック・タップで和訳を表示
791purpose
792poison
793thus
794fluent
795fact

ショートカット

各語彙の覚え方

初めての方は、こちらでおすすめの記憶法をぜひご確認ください。

purpose [pˈɚːpəs]
  (名) 目的、意図


パー、パスする目的を考えず球を蹴る

とりあえずパスコースがあけばパスだと思っているのはパーのやること。目的をもってパスを回すべき。


f:id:linkedsort:20170817002703j:plain


poison [pˈɔɪzn]
  (名) 毒、弊害


ポイッ、ずん胴鍋のカレー、もったいないけど入りの疑いで廃棄

祭りのなかずん胴鍋で作っていたカレー、だれも監視しておらず毒入り疑いがあったため、ためらわずポイ。


f:id:linkedsort:20170817002613j:plain


thus [ðˈʌs]
  (副) したがって、このように


座すままに待っていた、したがってなにも得られなかった

座して待っているだけでは、何も得られない。外に出よう!


f:id:linkedsort:20170817003528j:plain


fluent [flúːənt]
  (形) 流ちょうな、すらすらと話せる


震えんと発音できて初めて流ちょうな状況といえる

緊張で声が震えているようでは、まだまだ流ちょうな英語とは言えない。


f:id:linkedsort:20170817004354j:plain


fact [fˈækt]
  (名) 事実、申し立ての事実


不和、苦闘事実としてある困りごと

会社内での困りごとはあまり外には出さないが、不和で苦闘しているのは事実と認める。


f:id:linkedsort:20170817005501j:plain


【スポンサーリンク】



確認テスト

確認テストです。単語の順序はランダムに並べ替えています。

英和形式チェックリスト
1
purpose
2
poison
3
fluent
4
thus
5
fact

和英確認テスト

最後に和英形式で確認を行います。単語の順序はランダムに並べ替えています。

和英形式チェックリスト
1
したがって、このように
2
事実、申し立ての事実
3
流ちょうな、すらすらと話せる
4
毒、弊害
5
目的、意図

進捗

現在までの進捗を書籍と照らし合わせて確認します。

書籍今回累計進捗
Target19002635
33.4%(1900語中)
Genius3748
34.0%(2200語中)
Database45003746
47.4%(1574語中)
*単語の順序は各書籍と異なります。


まとめ

なにかに行き詰まったら、やっぱり外に出るのが一番ですね。

そんなことわかってはいるのですが、なかなか遠出する発想が出てこなかったりします。少し足を延ばして郊外にいくとか、できればキャンプして野外に泊まるとかすると新しい発想が生まれやすいですし、気分転換だけでも相当に事態の改善に効果があると思います。


f:id:linkedsort:20170817005913j:plain

というわけで、兎に角外に出ましょう!受験勉強などでもしんどかったらキャンプですよ、それくらいの行動力があれば、多少の困難は軽々乗り越えられるはずです。逆に意識して行動することで、行動力がついてきますから、四の五の言わずに外に出ましょう!

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY